安全の心得

原作 : フナ('07年度 安全係)
監査 : 深尾('06年度 安全係)

はじめに

アウトドアスポーツ一般に言えることですが、野外での活動を行う以上、その活動になんらかの危険が付きまとう事は避けられません。サイクリングに関してもそれは例外ではなく、活動に伴う事故が発生する可能性は常に存在します。

そうであるならば、事故に対してなんらかの対応策を用意しておくのが、部としての責任だと思います。
もし、一緒に走っている部員に事故が起こってしまった時に、ただただ慌てるだけなのか、それとも、少ないながらも何かできることがあるのか。そんなことを部員皆で考えていくきっかけを作っていく事が必要です。

今までは、その対応策の一つとして、2006年度から安全に対する意識を高めることを目的としてミーティング時に 事故報告会をやってきました。2007年度からは、活動中の安全対策として参考になるようなことを徐々に本ページで 公開していく予定です。ぜひ、本ページに記載する安全の心得を参考にし、安全への意識を高めてもらいたいです。

些細な事故でも起こしてしまえば、楽しいはずのサイクリングも台無しです。より充実したサイクリングを目指しましょう!

部員の皆さんは、こちらから事故対応マニュアルおよび事故対応報告書をダウンロードしてください。

§1.走行前の確認

  1. 自転車に不備が無いか確認する
  2. ヘルメット・グローブの着用
  3. その他

§2.走行中の基本

  1. 状況によって歩道を走ろう!
  2. 隊列の組み方
  3. 一列走行
  4. 手信号
  5. 下り坂でのブレーキのかけ方・カーブの曲がり方
  6. ナイトラン・悪天候時のラン
  7. その他

§3.事故(後)の対応

  1. 事故が起きたら
  2. 保険について
  3. その他

§4.最後に

  1. 安全係より